コラム

鉄道変電設備工事が必要とされる理由

こんにちは!愛知県稲沢市に拠点を置き、東海3県で鉄道電気工事を手がける野田営繕株式会社です!
「鉄道変電設備工事って必要なの?」
このような疑問を抱く方も多いでしょう。
そこで今回は「鉄道変電設備工事が必要とされる理由」をテーマに設定し、具体的にご説明しましょう。
ぜひ最後までご覧ください!

電車が動く仕組みについて


まず、すべての電車は電気を動力源として動いています。
具体的には、架線からパンダグラフに電気が流れ、モーターが動くことで車輪が回る仕組みです。
架線とは軌道上方に架設した電線のことであり、パンダグラフとは架線の電流を受け入れる装置を意味します。

変電設備の存在が必要不可欠

電車が動くために必要な電気は電力会社がつくりますが、高圧な電気をそのまま架線に送ることはできません。
適切な電圧に調整した上で送る必要があり、その役目を担うのが変電設備になります。
したがって、すべての電車に対する電力の安定供給は、変電設備が正しく機能することで成り立っています。

設備の新設および安定稼働を支える工事!

鉄道変電設備工事では、電車が動く上で必要な変電設備の新設を行います。
また、既存の設備が適切に機能しているかをチェックする業務も行います。
いわゆるメンテナンス業務であり、弊社でも変電設備の安定稼働のために入念な点検作業を行ってまいりました。

【求人】新規スタッフ募集中!


愛知県稲沢市を拠点に電気工事業者として活動する弊社では、技術を継承してくださる新規スタッフを募集中です。
募集職種は現場作業員であり、JRや名鉄における電気工事に取り組んでいただきます。
鉄道変電所だけでなく駅構内における各種作業もございますので、積極的に経験を積める環境となっております。
一般的に電気工事というと高度な専門性が必要とされますが、弊社では業務経験の有無を一切問いません。
弊社のほうで充実の教育体制を設けており、未経験の方でも着実な成長が見込める環境となっております。
電気工事士などの各種資格の取得をサポートする制度もございますので、早い段階で一流の技術者としてご活躍いただけることでしょう。
好待遇・手厚い福利厚生もご用意し、あらゆる業務に向上心を持って取り組める方のご応募をお待ちしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。