コラム

鉄道電気工事の「変電設備部門」の特徴とは?

こんにちは!愛知県稲沢市に拠点を置き、東海3県で鉄道電気工事を手がける野田営繕株式会社です!
基本的に、鉄道電気工事ではいくつかの部門に分けることができます。
そこで今回は「鉄道電気工事の「変電設備部門」の特徴とは?」をテーマに設定し、具体的にご説明しましょう。
ぜひ最後までご覧ください!

鉄道の変電設備とは?


変電設備とは、変電およびその制御・監視を行うための設備を意味します。
鉄道の運行のためには電力会社からの電力供給が必要ですが、高電圧の電気をそのまま使用することはできません。
駅設備や電車線路用に電気を変成・変圧した上で送電する必要があり、そのために変電所と言われる施設が存在します。
変電所内には、路線ごとにカスタマイズされた変圧器や遮断機などが設置されており、基本的には制御装置による無人管理が行われています。

設備の新設・点検がメイン

鉄道電気工事の変電設備部門では、変電設備の新設がメイン業務になります。
電車を動かすためには電気を変成・変圧する設備が必要になることから、変電設備の新設工事には高いニーズがあります。
弊社でもさまざまな鉄道における変電設備の新設で実績を重ねてまいりました。
また、適切に送電が行われているかを点検することも業務内容に含まれます。
弊社では点検業務に加えて、変電所内の各種設備をメンテナンスする業務も請け負っております。

【求人】新規スタッフ募集中!


愛知県稲沢市に拠点を置く弊社では、事業拡大を見据えて新しい仲間を募っております!
具体的には、現場スタッフとして鉄道電気工事に携わってくださる方を募集中です。
鉄道変電所および駅構内における作業を伴うため、幅広い知識と技術を活かす仕事になります。
「未経験者には敷居が高そう」と感じる方も多いですが、弊社では経験の有無を一切不問としております。
手厚い教育体制をご用意しておりますので、未経験の方でも一流の電気工事士に成長できる環境があります。
18歳以上の方なら基本どなたでもご応募いただけますので、新卒・第二新卒の方はもちろん異業種転職を目指す方もぜひご応募くださいませ。
充実の待遇・福利厚生により、働く上での快適性を実感いただけることでしょう。
なお、経験者・有資格者の方には優遇がございますので、ぜひご応募くださいませ。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。